東京都目黒区の解体工事が終了しました。求人募集中です。転職にも最適。

2020/06/03 ブログ
目黒区の解体工事が終了しました。

東京都目黒区の解体工事が終了しました。

今回は木造及びRC造の2階建ての解体工事のご依頼でした。

さて、6月になると解体工事業者は官庁への書類作成の時期となります。4月~3月までの年度のうちにどこで解体工事を行いどこに処理するために運んだのかを明確に数値として記載をして提出をします。この実績報告書は収集運搬の許可を受けている業者は提出を行う必要があります。

この報告書を作成するにあたり、昨年度のマニフェストを確認するのですが、昨年度のウエストバレーのマニフェスト発行部数はおおよそ5200枚!この1枚1枚からどんな廃棄物だったのか都道府県はどこの現場なのかを処分業者の所在地はどこだったのかを抜き出していきます。

解体工事が終わるたびにある程度集計を行い6月に総集計や漏れがないかなどの再チェックを行います。

解体工事業というと現場での作業のみの気がしますが、現場スタッフはもちろん事前準備や事後の処理などウエストバレーでは4人の事務スタッフでお客様の解体工事を万全に行うようにスタンバイしております。

解体工事でお困りのことはいつでもご連絡ください。無料お見積もりフォームからでもご利用いただけます。

解体工事を専門に行うウエストバレーでは、木造やRC(鉄筋コンクリート)や鉄骨など様々なお客様のご要望にお応えします。創業から15年、スタッフと共に成長が続けています。初心者からベテランまで幅広い年齢層がおり、働きやすさは抜群です。福利厚生も整っており社宅も完備しています。すぐ入寮可能です。女性スタッフも働いております。新しい職種にチャレンジ。転職にも最適です。

ご興味のある方は求人募集エントリーフォームからご応募ください。ご応募お待ちしております。